2006年05月30日

ある晴れた日に

北東部から見下ろした御茶屋跡
待ちに待ったある晴れた日に、このメールを送ります。
豊前街道南関御茶屋跡は国指定を受けて、17年3月に復原されて、この5月でちょうど1年を迎えました。

 毎週平日火曜日を休館日とし、それ以外は毎日"伝楽人"というボランテイアのメンバー40人が当番制で御茶屋跡建物の説明、案内に当っております。

 南関御茶屋跡の特長の一つはいにしえを温ねながらそのゆったりした雰囲気と抹茶による接待にあります。
 官軍墓地や鷹の原城跡へとつづく石段を登りながら御茶屋跡を見下ろすと、四季折々に変わる景観の美しさもまた見事です。

[写真は北東部から見下ろした御茶屋跡]

写真&文・”伝楽人からやん”さん
posted by 南関宿場町伝楽人 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関御茶屋跡の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18578889
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック