2006年06月09日

美しいたたずまいされど鬼瓦

御茶屋跡を外から説明するときには必ずこのアングルでの写真を撮っていただけたか気になります。

細川さんの九曜紋を三つ続けた瓦にはもっといろんなコメントが欲しいところですので、ここは会所走番さんのご登場と願いまーす。

     からやん
posted by 南関宿場町伝楽人 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関御茶屋跡の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック