2006年06月11日

むくろじ(無患子)。

20060611_2.JPG
むくろじの実は羽子板の材料に使われます。
黒い実ですが、子供の無病息災を願って羽子板を突いたのかも知れません。

まぶのすぐ上にあるむくろじ。
去年も実がたくさんなり、ずいぶん落ちていました。

このむくろじの大木は南関町では3カ所しか自生していないということです。
ここと、大津山神社ともう一カ所は肥猪町とか。
由緒あるところばかりとすると、ここも昔から縁(えにし)で結ばれていたのかも知れませんね。

ところで、このむくろじですが、kobarubitoさんの話だと実を植えてもなかなか発芽しないそうです。
試してみられては?

20060611_1.JPG
ここ御茶屋跡のむくろじはごらんのように根元はずいぶん朽ちており、そろそろ樹木医さんの力にすがらなければならなくなっております。

     からやん
posted by 南関宿場町伝楽人 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関御茶屋跡の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19138079
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック