2006年06月22日

九曜紋

kuyoumon.JPG

○由来
 
九曜紋の中心の丸は太陽・周りの八個の丸は太陽を取り巻く太陽系の星を意味します。
九曜とは古代インドで想定された惑星の総称です。
インドでは人間の住む大地をめぐる惑星として、日(太陽)・月・火・水・木・金・土の七星に、
目には見えないが日食・月食をおこす羅候(らご)・計都(けつ・けいと)の
二星を加えたものが存在するという考え方が形成されました。
この考え方は仏教とともに中国を経由して日本に入り、密教・陰陽道などで広く用いられたそうです。


○細川『離れ九曜』

九曜紋は鎌倉時代から紋として既に使われていました。
細川家も九曜紋を用いてました。

■板倉勝該事件
□延享4(1747)年8月15日<九代将軍家重>
□江戸城本丸大広間において熊本藩五代藩主・細川宗孝が
 旗本の板倉勝該に背後から切りつけられて殺害された。
 上の国安中藩主・板倉勝清と間違えられたのが原因。
 板倉勝清の『九曜巴紋』と宗孝の『九曜紋』が似ていたせいであった。
 そこで細川家は幕府の勧めで『離れ九曜』になったという。               
        
現在の”南関御茶屋跡”には実際に使われていた九曜紋の「釘隠し」があります。
御居間の北側・畳廊下の長押(なげし)裏からひとつだけみつかりました。
金メッキ銅版に漆を蒸して焼き付けた玉で九曜紋を施した精巧な細工です。
これ、実際に修復後の御茶屋跡でも使われてます。





みなさんご自分の家紋はご存知ですよね?
若い方には???かもしれません。
私も着物に興味を持たなかったら「あ〜じいちゃんの墓に記されてるやつか〜」くらいだったかもしれません。
私の場合、母が女系家族なので、「母系女紋」というものを受け継いでいかなければならないそうです。
これは瀬戸内海辺りを中心にした西日本独特の風習らしいのです。
我家系では三姉妹の長女(私の母)の長女である私が受け継ぐ女紋、”丸に桔梗”があります。
若い頃に母が誂えてくれた着物には父の家紋”丸に木瓜”が入ってますが、
数年前に嫁入り支度に誂えてくれた喪服一式には女紋である”丸に桔梗”が入ってます。
私が女の子を産まなければ母方の紋は途絶えてしまうのですね。
なんか責任重大・・・。

この女紋、色々な意味合いがあるようです。
調べてみると大変興味深く、おもしろいのです。
「結婚しても最後に死んでいく時には実家の母の元に戻れる(魂が)」だとか、
「実家に戻された時。その後また再婚した時、新しく誂えなくても良いように」とか(笑)、
「悪霊(?)は背後から忍び寄る」そうで、背中の紋はお守りになるそうです。
母に守られるという安心感でしょうか。
結局は親心なんですね。
違う家に嫁いで行く娘を思う母の心なんでしょう。
これが代々受け継がれてきてるわけです。
私も大切に守っていこうと思います。

ちなみに”丸に桔梗”はメジャーな紋です。
明智光秀・加藤清正・坂本竜馬もこの紋だったそうです。
posted by 南関宿場町伝楽人 at 23:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 南関御茶屋跡の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この九曜紋が<御居間の北側・畳廊下の長押(なげし)裏からひとつだけみつかりました。>
 「ここんところにあったんですよ」とその場所を指さして説明するのですが、わが御茶屋跡は復原ですから、1つも見つからなかったとしますと、どうなったのでしょうね。
 それと国指定の申請時に見つかっていたのか、指定を受けて家を解くときに発見されたのかどちらなんでしょうか。これはまだ聞いておりません。
 釘隠しの場所は何カ所あるんでしたっけ。今日は「解放の日」ヒマば見つけて数えて見まっしょ。
 
Posted by 志野 at 2006年06月23日 05:45
私、以前数えたことがあるんですけど忘れちゃいました・・・。
結構たくさんでびっくりしました。
Posted by 伝楽絃太@管理人 at 2006年06月23日 09:32
 昨日、数えてみました。案外ややこしいんですね。数えるのって。まず、どこにあるのかですが、かならず、畳の敷いてあるところに面してだけにあるようです。(これって当たり前?)
 じゃあ、どういうふうに数えようか。畳の部屋毎に数えることにしました。部屋は8つ。
 畳の数は何枚?61枚ですね。

 さて、釘隠しに使われている離れ九曜紋の数は
ジャジャーン。合計34個でした。
                 
Posted by 志野 at 2006年06月25日 05:21
34個でしたか〜。
結構ありましたね。
お疲れ様でした!

Posted by 伝楽絃太@管理人 at 2006年06月25日 21:46
その後、御茶屋跡に行った時に私も数えてみました。
志野さん・・・45個ありましたよ〜。
縁側(外廊下?)のをお忘れではなかったですか?
そこにあったのがちょうど11個。
Posted by 伝楽絃太@管理人 at 2006年07月05日 23:47
なぬなぬ?それは一体どういうことですか。畳の敷いてあるところばかりが釘隠の場所と思っていたので、
 「縁側(外廊下?)のをお忘れではなかったですか?
そこにあったのがちょうど11個。」
 この分は当然入っていません。
となると、ちょっと不思議に思えてくることがあるのですが、これは今日、実地を調べてから申し上げることにします。
Posted by 志野 at 2006年07月06日 06:26
釘隠しは西側の廊下側にはつけてありませんね。廊下の天井も東側は格天井みたいになっているけど西側は竹ですね。東側が正面表で西は裏側ということでしょうか。しかしそれにしても45個とは釘隠しはやたらに多すぎませんか。実際には襖絵とか衝立とかいろいろあって調和が取れていたのだと思いますが。
Posted by 龍瀬川のガワッパ at 2006年07月09日 06:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19687929
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック