2006年07月05日

マブの増水

mabu_1.JPG mabu_2.JPG


水量の増えた「マブ」(間歩・間風)
このところの雨で、鷹の原の台地に降った雨が横穴井戸のマブから湧きだし増水しているようです。
(濁っているので周りからの流れ込みもあるのかもしれませんが)
いつもこれくらいの水量があれば心字池も満々(?)と水をたたえ金魚も喜ばせることが出来るのです。
そして、カワニナも繁殖し蛍の飛び交う姿も見られるのでは? 
残念ながらいつもは細々としか流れ出ていません。
洞内が土砂で埋まって機能していないのではと思います。
洞内を浚えて清水がコンコンと湧き出す本来のマブに復活させたいものです。
復活のプロジェクトを立ち上げてみませんか!

龍瀬川のガワッパ
posted by 南関宿場町伝楽人 at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 南関御茶屋跡の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 「洞内を浚えて清水がコンコンと湧き出す本来のマブに復活させたいものです。
復活のプロジェクトを立ち上げてみませんか!」

 龍瀬川のガワッパさん、願ってもない計画ですね。いまからが楽しみです。ぜひ実現しましょう。

Posted by 追分けbito at 2006年07月06日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20336006
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック