2007年11月18日

第19回ふるさと”関所まつり”

第19回ふるさと関所まつり”御茶屋跡の陣開催です。

日時 : 平成19年11月16日(金)・17(土)・18日(日)
場所 : 南関御茶屋跡

スケジュール

11月16日(金)
御茶屋跡建物内
●バラと肥後菊展  午前10時〜午後16時
●南関むかしむかし 午前10時〜午後16時
御茶屋跡広場
●窯元展      午前10時〜午後17時
●特産品販売    午前10時〜午後17時

11月17日(土)
御茶屋跡建物内
●バラと肥後菊展  午前10時〜午後16時
●南関むかしむかし 午前10時〜午後16時
御茶屋跡広場
●窯元展      午前10時〜午後17時
●特産品販売    午前10時〜午後17時
御茶屋跡広場特設ステージ
●前日祭 地元音楽グループ出演  午後13時30分より
・南関ものしりクイズ(賞品あり)
・ロクロ珍妙技
・南関よかもんじゃんけん取り合戦(16時より)

11月18日(日) 関所祭当日
御茶屋跡建物内
●バラと肥後菊展  午前10時〜午後15時
●南関むかしむかし 午前10時〜午後15時
御茶屋跡広場
●窯元展      午前10時〜午後15時
●特産品販売    午前10時〜午後14時
●野点       午前10時〜午後15時
●お殿様ご休憩   午後12時ごろ〜
●なんかんとっぱスタンプラリー  午前10時〜午後14時

各イベント詳細は↓

前日祭 
17日(土) 13時30分より
御茶屋跡広場特設舞台にて

・地元音楽グループ出演
・南関ものしりクイズ(賞品あり)
・ロクロ珍妙技
・南関よかもんじゃんけん取り合戦(16時より)


窯元展
16日(金)・17日(土)10時より17時まで
18日(日)10時より15時まで
御茶屋跡広場

出展窯元
・坂下窯
・寂窯
・小岱焼岱平窯
・末吉窯
・田原弓陶房
・三池焼
・松風焼野田窯
・みほし窯
南関町8窯元の焼物約3000点を展示販売致します。
家内制手工業の匠の技をご覧下さい。
※お買い上げの方先着50名様に毎日ステキなやきものをプレゼントいたします。

バラと肥後菊展
16日(金)・17日(土)10時より16時まで
18日(日) 10時より15時まで
御茶屋跡建物内

珍しいバラと肥後菊を多数展示します

南関むかしむかし
16日(金)・17日(土)10時より16時まで
18日(日)10時より15時まで
御茶屋跡建物内

南関町の古い写真や昔のお宝を展示します

なんかんとっぱスタンプラリー
18日(日)10時より14時まで
受付:南関御茶屋跡・うから館会場

クイズに答えながら、5箇所の関門を突破した方、先着200名様に賞品を差し上げます!

特産品販売
16日(金)・17日(土)10時より17時まで
18日(日)10時より14時まで
南関御茶屋跡広場

黒棒セット・南関あげ・南関そうめんのふし・竹箸を1個300円で販売します。
福引券付き(18日15時よりうから館会場にて抽選)

お殿様ご休憩
18日(日)12時頃から
南関御茶屋跡

”関所まつり”の名物イベント『大名行列』ご一行様がご休憩に立ち寄られます。
記念撮影などいかがでしょうか?

野点
18日(日)10時から15時

おいしいお抹茶がいただけます。


ふるさと関所まつりメイン会場『うから館特設会場』一帯では、
18日(日)10時から16時まで
”玄海竜二ショー”
”ゲキレンジャーショー”
”沖縄エイサー(琉球國祭り太鼓)”
”葦北鉄砲隊出陣”
”大名行列”
他、色んなイベントがあります。

<お問合せ>
南関町役場 経済課 0968-53-1111
南関御茶屋跡 0968-53-0859






posted by 南関宿場町伝楽人 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝楽人便り(イベント紹介) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

ばらの出来、反省点

11月3日から11月5日

baraten071103-syuugou

ことしの秋のばら展、菊花展の来館者は去年より少し多く、
399人を記録しました。(去年は390人でした)
御茶屋跡との相乗効果を狙った催しですが、リピーターの方が
たくさん見えたことはたいへん有り難いと思っております。
一度来られた方が他の人を誘ってまた来られるということも
この数字に表れています。(去年は金、土、日。ことしは土、日、月)

baraten071103-joukei1花器100本に150本の花を生けました

baraten071103-joukei2全景は手前にあと2コーナーあります

kikuka071103tenji野口会長による中庭に展示した
菊です

baraten071104-setumei玉名市法人会のみなさま

秋のばらの特徴は春から夏にかけての手入れの状態が
はっきりとわかるので、「手抜き」は許されないのですが、
やや細い枝が多く、花が小さかったのは1本立ちにしないで
2本咲かせてしまったのと、下葉が落ちたためです。

「そんなことが分かるのは誰もおられませんよ」
と言っていただくのですが、ばら作りは完全でなければ
なりません。来年こそはという気持ちです。

ことしは色別に生けてみようという生け花の先生の提案で
その腕に期待していましたが、あいにくの急用が出来て
しまって、従来通りの展示でした。申し訳ありません。

匂いをかがれるお客さんがたくさんいらっしゃいました。
来年春は、「匂いのコーナー」を作ってみたらどうかと思っています。

花は開いてしまったもの、生気がなくなったものは毎日
取り替えることにしていますが、ことしは3日間そのまま使えたものもたくさんありました。

ことしは来ていただいた方には必ず1本ずつ持ち帰ってもらう
ことを実行してみました。
もう「お疲れさん」の花が大部分でしたが結構喜んでいただきました。

それから御茶屋の行事として伝楽人の仲間による机の
持ち運び、テーブルクロスの張り付け、花器の運搬、
水入れ、花の飾り付けなどに多くの助勢がありました。
準備、撤去作業ともに手際よく約2時間でできました。
この協働作業はまさに伝楽人パワーだと思います。

この場を借りてお礼を申し上げます。

                      からやん

posted by 南関宿場町伝楽人 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝楽人便り(イベント紹介) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

ばら展菊花展のご案内

11月3日から5日
南関町の文化祭が3日から4日にかけて行われますが、
ばら展と菊花展をお茶屋跡にて行います。
御茶屋跡にたくさんの方がなじんでいただくために相乗効果を
ねらって、展覧会を開催するようになりました。
今年で2年目を迎えます。
去年はおかげさまで多数の方がご来館下さいました。

入館料200円です。(抹茶つき)

ばらは花びん100本に各品種約50種150本ほどを生けて
楽しんでいただきます。

bunkasai071027

ばらには赤、紫、黄、ピンク、橙、白など色とりどりありますが、
覆輪と言って、どの色と言いきれない美しいあでやかな
彩りの花がばらの特徴と言えるのではないでしょうか。
花には名前とその品種の説明も添えます。
出品者 唐杉純夫

菊花は小菊と盆栽菊で約45点ほど出品されます。
今年は天候の関係でやや遅れているということです。
出品者 野口第三郎伝楽人会長

美しい花の展示です。ご来館をお待ち申し上げております。

〔写真は10月26日採花のばら〕
posted by 南関宿場町伝楽人 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝楽人便り(イベント紹介) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

”白秋生誕祭”in母の里『なんかん』

お待たせしてしまってスミマセン。

白秋生誕祭…in 母の里『なんかん』

白秋の生涯を「語り」と「紙芝居」でたどってゆきます。
そこにはきっと『母の里なんかん』が育んだ温かな心のふるさとがあります。


日時 : 平成19年1月28日(日曜日) 開場12:30 開演13:30
場所 : 史跡豊前街道『南関御茶屋跡』(南関公民館裏)
入場料 : 大人200円 小・中学生100円

※白秋ゆかりの版画(故石井了介氏・作)他詩集等の展示会同時開催

主催 : ボランティア団体『南関宿場町伝楽人』

問合せ先
史跡豊前街道南関御茶屋跡 0968−53−0859
南関町教育委員会教育課 0968−53−1111(内線:295)
”伝楽人便り”E-Mail dengakunin@yahoo.co.jp

伝楽人手作りの温かいぜんざいをご用意して皆様のご来場をお待ちしております。
       
posted by 南関宿場町伝楽人 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝楽人便り(イベント紹介) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

平成十八年観月会(報告)

中秋の名月は10月6日。満月は7日。
違うこともあるのですね。初めて知りました。
DSC01703_1.jpg

今回の観月会は想いが天に通じたのか100%の企画通りの運営ができました。

まず、南関小唄再現までの経過と披露がなされました。
DSC01678.JPG

それから、舞囃子(鼓、笛、謡)です。
kangetukai_1.JPG

それから去年に続き尺八、2つの琴、ギター、バリトンサックスによる”風音”(かざね)の演奏でした。
DSC01693.JPG

暗くなった場内では竹筒灯籠を主体に、いやが上にも幻想的な雰囲気を盛り上げ、そこに緋毛氈を敷いて野点をしました。
kangetukai_2.JPG

観月会にふさわしい雅びな催しとなり、大変やりがいのある行事進行となりました。
来場のお客様の印象は如何ほどだったでしょうか。

去年の反省点をいくつか採り入れ、今回は来場者も増え、更にすばらしい展開だったと思います。

お月様は18時頃、亀山(俗称かめさん。大津山を鶴と対比させた右の台形状の山、)の上あたりから出始め、行事終了の20時半ころには徳永邸のちょうど上あたりに昇っていました。

天気快晴。まさに絶好の観月日和となりました。

             からやん
posted by 南関宿場町伝楽人 at 12:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 伝楽人便り(イベント紹介) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

平成十八年南関御茶屋跡”観月会”

日時 : 平成18年10月7日(土) 
      午後6時開場・6時半開演

場所 : 史跡豊前街道南関御茶屋跡

イベント : ●『南関小唄』(昭和25年)披露
        (伝楽人による復活完成披露)
        ●能楽(お囃子)『経政(つねまさ)』(午後7時頃〜)
        ●アンサンブル『風音(かざね)』コンサート(午後8時頃〜)
        ※尺八・琴・ギターのアンサンブルです。

       ◎当日は御茶屋東側でお抹茶の野点をおこないます。

入場料 : 大人 300円
       小・中学生 200円 

お問合せ : 南関御茶屋跡電話0968−53−0859
       南関町教育委員会0968−53−1111(内線295)
       E-Mail dengakunin@yahoo.co.jp    

当日は絶好のお月見日和になる予定です。
和の音楽を楽しみながらゆっくりのんびりとした時間を過ごしください。
posted by 南関宿場町伝楽人 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝楽人便り(イベント紹介) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

南関御茶屋跡ボランティア活動体験!(締め切り間近)

子供達が御茶屋跡の当番活動などのボランティア活動を行うことで『御茶屋跡』をはじめ郷土の歴史遺産や伝統文化について感心や理解を深め、共に触れ合う活動を通してお互いの親睦と世代間の交流を図る目的でこの取り組みを計画しました。
夏休みも後半ではありますが、体験学習の場になるかと思います。

参加を希望される方は申込用紙(御茶屋にあります)に必要事項を記入の上、8月11日(金)までに教育委員会文化財係か御茶屋跡まで提出してください。

1.実施期間 平成18年8月23日(水)〜27日(日)までの半日
        午前の部・・・9時〜12時
        午後の部・・・1時〜4時半
2.実施場所 史跡豊前街道南関御茶屋跡
3.対象及び参加料 小学生・中学生 100円/人
4.体験内容 ○抹茶の立て方の実演 
        ○南関町の歴史などの勉強
        ○文化財の学習
        ○雨戸の開閉や館内の掃除
        ○来館者への対応等の通常の活動
5.主催 ボランティア団体『南関宿場町伝楽人』
6.問合せ 南関町教育委員会 教育課 0968−53−1111(内線295)
       南関御茶屋跡 0968−53−0859
       E-Mail dengakunin@yahoo.co.jp
7.その他 保護者の方の送迎が必要となります。
       午前・午後とも公民館にご集合ください。
posted by 南関宿場町伝楽人 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝楽人便り(イベント紹介) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

平成十七年観月会(報告)

<観月会> 御茶屋で中秋の名月を楽しむ!17kangetukai.JPG

平成17年9月17日(土)御茶屋跡で観月会が開催された。
竹と紙で作った行灯100個が、長塀の両側から御茶屋跡へと誘う中、130名あまりのお客様を迎えた。

肥後琵琶伝承者として知られた故山鹿良之氏を偲び、浄瑠璃人形と山鹿氏のパネルを展示し、南関高校生の演じた「娘道成寺」のビデオが紹介された。
17kangetukai_2.JPG山鹿氏の人形

その後三加和町の藤井山さんとその仲間のアンサンブル「風音」による尺八、ギター、琴の演奏会があった。
尺八や琴の響きが御茶屋に集う人々の心に染み渡るようだった。

ススキやオミナエシ、萩など秋の草花を飾り、お月見団子を供えて、月の出を待った。
やがて亀山の向こうから、中秋の名月が煌々と姿を現し、思わずその美しさに感動の声が聞かれた。

この夜、たくさんの人々が集い、ふれあえたことを伝楽人一同、心から喜んだ次第である。

”御茶屋便り”創刊号より

posted by 南関宿場町伝楽人 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝楽人便り(イベント紹介) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

平成18年南関御茶屋跡七夕まつり(予定)

開催日時 : 平成18年7月2日 午前10時よりお昼頃まで

催し物(予定) : ○”肥後ちょんかけごま”の実演と体験
       (ちょんかけごまとは、江戸時代の慶長年間に、熊本地方に伝わった伝承遊びです。)
           ※肥後ちょんかけごまについて
          ○童話発表会
          ○昔遊び(お手玉・ビー玉・竹とんぼ・紙芝居など)

子どもの頃に楽しんだ遊びを、現代の子どもたちと一緒に遊んでみませんか?

 
posted by 南関宿場町伝楽人 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝楽人便り(イベント紹介) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする